女性のがんといえば、頭に浮かぶのが乳がんです。女性の場合は、自分の大切な乳房を失う可能性以外にも、全身転移する可能性もある怖いがんでもあります。

 

乳がんの種類

 

実は胸の中は、入党を中心に乳腺が放射線状に、15〜20個ならんでいるそうです。その乳腺は小葉にわかれ、小葉は乳管でつながっています。乳がん9割は乳管から発生するので、乳管がんと呼ばれているそうです。小葉から発生する乳がんが5%〜10%程度で小葉がんと呼ばれているそうです。この他に特殊な型の乳がんがあるそうですが、あまりみられないそうなのでここでは省略します。

 

 

年齢別の乳がん罹患率

 

乳がんは30歳代から増加し、50歳前後にピーク、その後は次第に減少します。女性の乳がんの生存率は比較的高いそうですが、男性の場合は乳がんになっても予後が悪いことで知られているそう。ちなみに年次推移は、罹患率、死亡率ともに一貫して増加しているため、出生年代別では、若い人たちほど乳がんの罹患率、死亡率が高い傾向があるそうですよ。

 

 

どこの国に乳がんが多いの?

乳がんの罹患率は、東アジアより欧米、アメリカ白人に多く、アメリカに住む日本人女性は日本国内在住者よりも高いそうですよ。

 

乳がんのリスクが高い方

 

生理が始まった年齢が早く、閉経が遅く、出産歴がない方、初産年齢が遅い方、授乳歴がない方などがリスク要因としてあげられ、また閉経後の肥満も危ないそう。ただし以外にも、閉経前の乳がんについては、肥満の方のほうがリスクが少ないそうです。飲酒習慣がある方も乳がんリスクが高くなり、閉経後の女性は運動をすることで乳がんのリスクを減らすことができるそう。一親等の乳がんの家族歴、良性乳腺疾患の既往などもリスクが高くなるようですよ。
乳がんは転移しやすい?

 

実は乳がんは、比較的にガンが小さい時期から乳腺組織からリンパ液や血を伝わって乳腺から離れた肺や肝臓、骨などに小さな転移を作るといわれているそうです。しかし肺に転移した場合、肺がんのガンと乳がんから転移したがんは違うそうで、乳がんの肺転移と呼ばれるそうです。

 

このように乳がんからほかに移動したがんが検査で検出されたりするようになると、遠隔転移と呼ばれ、そのがんを転移性乳がんと呼んでいます。乳房にがんが見つかった時点ですでに遠隔転移がある場合と区別し、手術などの初期治療を行ってから発見される場合は再発乳がん、再発乳がんで、手術をした部分だけに再発することを局所再発、がんが皮膚や胸壁に及んでいるためそのままでは手術ができない乳がんを局所進行乳がんと呼びます。

 

 

乳がんの手術は?!

遠隔転移のない手術が可能な乳がんは、全身にこぼれ落ちている可能性のある微小転移に対して全身治療といって、薬による治療を行います。そうすることで、再発を予防することができるわけですが、それを術後薬物療法と呼ぶそうです。しかも最近では薬の治療を手術に先行して行う場合もあり、これを術前薬物療法と呼び、薬の治療は再発のリスクの大きさや年齢によって選択されるそうです。

 

その際に参考とされるのが、しこりの大きさや、わきの下のリンパ節(腋窩リンパ節)への転移の個数、ホルモン受容体の有無などだそうで、再発のリスクがある場合にはリスクや年齢に応じて放射線などの局所療法に加え、全身治療として薬物療法を行うことが勧められるそう。

 

 

ここでは、乳がんに関する質問で多く質問される内容についてご紹介しています。

 

乳がんにかかった場合、どの程度の費用が発生するの?

乳がんの手術療法(10日間入院)約65万円程度
(自己負担分は3割なので約20万円)

 

放射線療法(25回)総額約30万円程度
(自己負担分 約9万円)

 

化学療法・CMF(半年間)総額約10万円
(自己負担分 約3万円)

 

化学療法・AC+T(半年間)総額約70万円
(自己負担分 約25万円)

 

ホルモン療法・抗エストロゲン剤(5年間)総額約85万円
(自己負担 約26万円)

 

LH−RHアゴニスト製剤(2年間)総額約135万円
(自己負担 約40万円)

 

そう自己負担額は、123万円となります。

 

そこに、差額ベッド代、特殊医療費、その他の雑費を入れると、123万円では収まらないケースが多いのです。

 

 

乳がんの高額医療費について教えて!

 

高額療養費制度というのは、公的医療保険適用分の1ヵ月の自己負担額が、決められた限度額を超えた場合に、その超えた分を払い戻してくれる制度であり、限度額は年齢や所得で決まってきます。

 

月の1日〜末日までにかかった自己負担額で計算し、自己負担額の総額が限度額を超える治療を受けた場合でも、複数の月にまたがって治療を行い、各月の自己負担額が限度額以下であった場合は、払い戻しを受けることはできず、入院治療の費用と通院治療の費用は、同じ月であっても別々に計算することが原則でとなります。

 

しかも、高額療養費制度は自分で申請しないと払い戻してもらえませんし、払い戻してもらえるのは申請から3か月程度かかることが多いのも特徴です。

 

 

<高額療養費制度利用の申請>

高額療養費制度を利用するには、原則として申請が必要になります。
しかし、申請してもすぐに払い戻しになるわけではありません。
とりあえず自己負担分はすべて支払うことになります。
払い戻しを受けるまでは、申請から3ヵ月ほどかかります。
その間の費用を無利子で貸付してくれる高額療養費貸付制度という制度もあります。

 

乳がんでのお医者さん選びはどうすればよいの?

乳がんは1回で完治する病気ではなく、長い間戦うものです。そこで、乳がんのお医者さん探しではまず、親戚や知人などに医療機関や医師の評判を聞いてみましょう。

 

乳がんの手術を受けたことのある方に話が聞ければ、一番良いですよね。乳がんと診断されて通うことになった病院の待合室での世間話で、いろいろな情報を入手することも可能です。同じ病院でも担当医で違いなどもあるようですしね。また、資料として医療機関の規模や診療科、設備などを紹介しているインターネットのサイトや、患者さんの会などのホームページも参考にするとよいでしょう。

 

 

また乳腺外科、乳腺科、乳腺という名称がついている診療科であれば、乳腺を専門に診ている医師がいるという安心材料にもなるかもしれません。

 

また、医師との相性はとても大切。話しやすく相談にはしっかり耳を傾けてくれて、また安心してお任せできそうといった人柄もとても大切ですよね。大きな病院だと、途中から担当医が変わったりもするので、よく確認しておくと良いでしょう。

 

 

 


このページの先頭へ戻る