生検とマンモトーム生検

MENU

生検とマンモトーム生検

乳がん検査には、生検とマンモトーム生検というものがあります。それらの特徴について詳しく見ていきましょう。

 

生検とは?

 

生検は、胸のしこりや分泌物の原因はどんな病気が背後にあるのか判断するために必要な検査です。原因解明には、その症状の原因と思われるところの細胞や組織を取って詳しく調べる必要があり、細胞を取って染色し顕微鏡で観察することを「細胞診」、組織を取って染色し顕微鏡で観察することは「組織診」と呼ばれています。 症状の原因を調べるための組織診を生検と呼んでいるのですが、乳がんの場合、乳房の生検には、針を使って組織を採取する針生検と、小さな手術で組織を採取する外科的生検があるのです。

 

生検の種類は?

 

針生検

針生検は、細胞診よりも太い針を病変部に刺し、その中に組織の一部を入れて、からだの外に取り出すろいうものです。針が太いので局所麻酔が必要で、マンモグラフィや超音波検査で、採取部位を確認しながら検査が進みます。また針生検は、組織を採取するときに用いられる機械の種類によって、コア針生検と吸引式乳房組織生検に分けられるそうです。コア針生検は、ばねの力を利用して組織を切り取る方法なので、一度に採取できる組織は通常1本です。

 

マンモトーム生検査ってどんなの?

マンモトーム生検は、吸引力を利用して組織を切り取る方法で、一度に複数の組織を採取することができ、マンモトーム?、バコラ?という機械を使用するためにマンモトーム生検と呼ばれているそうです。

 

バコラ生検と呼ぶこともあるそうですよ。マンモグラフィ検診で石灰化という所見だけが指摘され、触ってもしこりがわからず、超音波検査でも病変の部位がはっきりしない場合には、吸引式乳房組織生検が行われるといった流れになるようです。

 

針生検は、局所麻酔を用いて痛みを抑えて検査しており、また、針を刺した部分に血の塊ができてしまうこともありますが、その血に塊は自然に吸収され、患者さんのからだへの負担は穿刺吸引細胞診に比較するとやや多いものの、一般的には入院の必要はないといわれています。