女性特有のガン

MENU

女性特有のガン

ここでは、女性特有のガンとして子宮がん・乳がん・膣がん・卵巣がんの特徴についてご紹介しています。

 

子宮がん

 

子宮がんは、子宮がんと子宮頸がんの2種類あります。子宮がんといえば子宮頸がんを指し、子宮の奥にできるのが子宮体がんといいます。世界では若い女性のがん死亡の第2位、また日本では毎年7000人が子宮頸がんと診断され2500人が死亡しているそうです。

 

子宮頸がんはヒトパピローマウィルスというウィルスに感染しておこり、感染してからもガンになるまでは約10-20年かかるといわれています。子宮がん検診を定期的に受けていればほぼ100パーセント早期発見が可能といわれていますが、10-20代にこのウィルスが感染するとだいたい40歳代で発症することになり、実際発症年齢は30-40歳代といわれています。

 

セックス経験人数が多く、がん検診をしたことがない方、茶色い織物が出ている方、30代後半から50代前半の年齢の方は検査を受けてみることをお勧めします。子宮体がんの原因としては、子宮頸がんが進んで子宮体がんになる場合と、女性ホルモンの関連で子宮体がんになる場合があるようで、子宮体がんは50代からの発症が多いそうです。

 

また、子宮体がんには太った女性、閉経後の女性に多くみられますが、子宮体がんの20パーセントは閉経前に発病しています。年齢が50-60代で、そろそろ閉経になる、最近生理不順である、肥満傾向である、若い頃は生理不順だった、子供ができなかった、不正出血が一ヶ月以上続いているということで、

 

特に不正出血は子宮体がんの大きな特徴ですので気を付けたいですね。子宮体がんの場合不正出血は子宮頸がんの場合はかなり進んでからの出血となり、子宮体がんは早い時期で不正出血が見られます。そこで子宮頸がんは検査で防ぎ、子宮体がんは不正出血が起きたらすぐ病院へ、というのもありかも。子宮体がん患者の多くはT期で発見され、全体の5年生存率も80パーセント以上と予後も良好ですが、不正出血があるたびに病院にかかるのがお勧めだということでした。

 

乳がん

 

現在日本では、年間約2万人の乳がん患者さんが発生、近い将来、胃がんを抜いて女性でもっとも多いがんになると考えられています。胸にしこりや炎症などがあり、母親か姉妹に乳がんになった人がいる、カロリーの高い食事が好き、動物性脂肪多い食事が好き、肥満気味、初潮年齢の若い人、閉経年齢の遅い人、出産回数が少ない、あるいはない人、最初の出産年齢が遅い人がリスクが高いといわれています。

 

 

膣がん

 

膣がんは女性のがんのうちでも大変まれなで、その頻度は女性性器がんの約1%と言われています。膣がんは、扁平上皮がんと腺がんという2種類あり、大部分(80〜90%)は扁平上皮がんで、特に50〜60歳の女性にみられるそうです。症状は不正出血のほか、排尿時の違和感や痛み、性交痛、下腹部痛となります。

 

 

卵巣がん

 

卵巣がんは、婦人科系がんでは70人に1人くらいの発症で、婦人科系がんの中では2番目に多い発症率となっています。卵巣がんはサイレントキラーと言われ、なかなか症状が出ないのですが、腹部の膨満感がある、腹部の周囲サイズが大きくなった、骨盤、または腹部の痛みがあり、食事が進まない、すぐに満腹になる、トイレが近い。もしくは排尿困難といった症状があるのであればすぐに病院に行きましょう。