乳がんになりやすい方の特徴

MENU

乳がんになりやすい方の特徴

乳がんは私とは関係ないわ、という方も実は乳がんのリスクが高い方かもしれません。そこでここでは、乳がんになりやすい方の特徴をご紹介しています。

 

アメリカ在住の方

アメリカでは、女性の8人に1人が乳がんになるそうで、日本はその3分の1程度ですが増加の一途をたどっており、1960年には1700人足らずだった乳がん死亡者が、現在は9000人近くとなっています。乳がんにかかる人の数は、年間3万人を越え、女性のがんの第1位であり、またアメリカに在住している日本人のほうが、日本在住の日本人よりも乳がんにかかるリスクが高くなるそうです。

 

 

エストロゲンがリスクの要因

 

エストロゲンというのは女性ホルモンですが、乳がんを促進してしまう働きもあります。初潮が早く閉経が遅い方、高齢出産、授乳をしない方、子供を産まない方に乳がんのリスクは増え、また、ピルなどの服用もやはりリスクの一つにあげられています。

 

また、動物性脂肪の多い食事、高カロリーの食事は、エストロゲンを介して乳がんの危険を高めるという統計的なデータも報告されており、豊かな食生活が乳がんを増やす原因ともいえてしまう巣です。それに、閉経後は乳がんが増加する傾向があるそうで、閉経すれば、卵巣からのエストロゲンの分泌も止まるのだから、乳がんにはなりにくくなりそうなものですが、閉経後も副腎から分泌されるアンドロゲンという男性ホルモンが、脂肪組織でエストロゲンに変換されているのだそう。そのため、閉経後は肥満の女性に乳がんの危険が高いと指摘されているそうですが、なぜか閉経前から太っていた方は逆に乳がんのリスクが低くなるのだとか。

 

乳がんは早い段階から自分で発見することができるがんでもアリ、集団検診にも乳がん検診が用意されているので、早期に発見される人が多く、がんの中では治る率が高いがんに入っています。30代に入ったら、乳がんの危険年齢なので、自己検診と、定期的な専門家による検診を受け、早期発見を心掛けましょう。また、母親や姉妹に乳がんの人がいれば、必ず乳がん検診などを受けるように心がけましょう。

 

乳がんの手術に関するQ&Aをご紹介しています

現代の医学は進んでいるし、もしかして手術しなくても直せるんじゃないか、と思われる方が多いようですが、基本的に乳がんは、手術を中心に治療が行われる傾向があるようです。手術と言っても、いろいろな方法がありますよ。現在では乳がんは早期発見が主流のため、 胸の筋肉を残して乳房を切除する「胸筋温存乳房切除術」という手術法と、乳房を残してがんだけを切除する「乳房温存療法」が中心となっています。

 

 

胸筋温存乳房切除術って何のこと?

胸のすぐ下には大胸筋、その下の小胸筋という筋肉がありますが、胸筋温存乳房切除術にも、大胸筋温存乳房切除術と言って大胸筋だけを残す方法と大小胸筋温存乳房切除術といって、両方の筋肉を残し乳房を切除する方法があります。リンパ節転移が多い場合などは、リンパ節を確実に切除するために、小胸筋を切除することがありそうですが、最近は両方の筋肉を残して乳房を切除するケースが多い傾向があり、術後も腕がスムーズに動かせるようです。

 

乳房温存療法って何のこと?

その名の通り乳房を残して、がんだけを切除する方法です。実際には、がんを中心に念のため大きめに切除して、手術後は放射線を照射します。とりあえずガンを手術で取ったら、残ったガンは放射線でたたくというもので、放射線治療とは切り離せません。また、切除した組織の端(断端)を検査し、取り残しがあれば乳房切除術が行われることもあるそうです。手術を決める際には、脇の下のリンパ節転移があるかどうかにかかわらず、がんの大きさが3センチ以下で、がんが乳管の中に広範囲に広がっていないこと、がんが多発していないこと、放射線治療ができることが条件とされています。日本全国では40%ぐらいに温存手術が行われていますが、施設によっては8割を越えるところなどもあるようです。

 

補助療法って何のこと?

乳がんの手術をした後、切除したがんの大きさや性質、リンパ節転移の有無を調べ、抗がん剤やホルモン療法による術後補助療法が行われるそうです。手術時には肉眼で見えなかったがんを補助療法によって再発防止することが目的です。

生命保険も2.3年に一度は見直しを

現在加入の生命保険も乳がんの対象になるか確認をしておきましょう。さらに見直しもしておいたほうが無難です。年齢・家族構成も年々変わっています。今のこの時に必用な生命保険に加入しておきましょう。
あのとき加入しておけばよかった・・・なんてことにならないように、適材適所の保険をファイナンシャルプランナーに聞きながら加入するのが一番です。